にきびを治して笑顔を取り戻そう

洋食中心の食べ物が悪化につながる可能性も

ニキビの原因って?10代から20代の男女の間では、様々な問題があります。
そのうちの1つの問題が、ニキビができることです。


人によって全くならない人もいますが、逆に顔中にニキビができてしまいそれを気にしている人も少なくありません。


直接的な原因の1つは、アクネ菌が増殖していることです。
もともと人間の顔にはアクネ菌と呼ばれるものが住みついており、これを完全になくすことはできません。


しかし、これが何かをきっかけにして増殖することでニキビになってしまうわけです。
では、これを予防するためにはどのようなことをしたらよいでしょうか。

ニキビを回避するコツ
まずは、自分でできることの1つは食べ物に気をつけることです。
最近の若い人は特に、和食よりも洋食を食べる傾向があります。


夕食には、ニキビが増殖する原因になる素材が多く含まれている可能性が高いでしょう。
例えば、牛肉などがこれに該当します。


また、油を使った料理も比較的原因の1つになっているといっても言い過ぎではありません。
日本食に切り替えることも重要になりますが、日本食に変えたとしても
食べ物に偏りがある場合にはやはり問題解決にはならない可能性があります。


例えば、大豆ばかりを食べている人や牛乳ばかりを飲んでいる人などはニキビになりやすいです。

こういった知識を持っておくだけでも、ニキビ改善の近道に繋がります。

バランスが良い食生活を心がけるために

ニキビを減らすためには、可能な限り油を使った料理を食べないことが重要なだけでなく、
バランスの良い食事がとても大事になります。


油を減らすためには、昔から日本で愛されている食べ物に切り替えることも必要ですが
昔から日本で食べられている食べ物の中にも油をたくさん含んだ料理もあります。


日本食だから絶対に良いわけではなく油がたくさん使われている食べ物は可能な限り避けることが大事です。
そして、和食を中心にしたとしても結局はバランスが悪ければ意味がありません。


卵の食べ過ぎや肉の食べ過ぎそして牛乳の飲み過ぎなどを避けると同時に、
ビタミンをたくさん取ることが重要です。

ニキビになりにくい食事
日本には、たくさんの果物があります。例えばみかんなどを食べるだけでも
ビタミンCが体中を駆け巡り健康な状態を維持できます。


これは、風邪をひかないだけでなく皮膚の状態も良くなると言って良いでしょう。
魚を食べることもとても重要です。特に、鯖やアジはニキビ改善にとてもよく、
毎日は難しいとしても1週間に1回から2回は食べるようにしましょう。


ちなみに食事のバランスは、毎日同じ栄養素をとれば良い朝言えません。
例えばビタミンCを摂取する場合は1週間に1回から2回でも充分です。


あまり神経質になって毎日同じだけの栄養素を食べようとすると、
逆に神経を使いすぎて肌荒れが悪化してしまう可能性もあります。